公式ホームページ

Start content

函館乃木神社の由来

函館乃木神社鎮座の由来は、大正元年12月21日、社団法人函館教育会による乃木将軍追悼祭(百日祭)に始まります。

大正5年に同会の有志が相寄り、現在地に神社を創建。
第二次大戦後、乃木会の解散などの苦境にあいましたが、御祭神を篤く崇敬する敬神家により戦後から今に続くまでお護りされてきました。

昭和39年9月24日、東京乃木神社函館分社として寄進せられ、東京本社により直接祭祀が厳修されるようになりました。

平成28年御鎮座百年を契機に「函館乃木神社」として新たに歩みを進めることになりました。

PAGE TOP